おでん作り

最近、おでん作りにはまっています。

はまっているというほど凝ったものは作らないのですが。

普通のシンプルなおでんを鍋一杯作っています。

 

1人暮らしなので、料理はまとめて作って何日も食べることが多いです。

衛生的に大丈夫か?と心配もありますが、

冬だし冷蔵庫に入れているから大丈夫だ!と高をくくっています。

 

先日知ったのですが、昆布の食物繊維の量は異常らしいですね。

結び昆布が好きなので、先日作ったおでんには大量の結び昆布を入れました。

普段より出汁が濃くなったような気がして、味もパワーアップ。

最高です。

 

自分で作ると大根1本ひとり占めすることができるので、

自炊っていいなあと思ってしまいます。

大根の下茹でがめんどくさいんですけどね。

ところで何故大根は米のとぎ汁でゆでるんでしょう。

とぎ汁なしで茹でたことがありますが、ちょっと味に角があるなと思ったので、

そうゆうことでしょうかね。

何故かはわからないけれど、レシピに書いてあるからするという作業は多いものです。

 

私の作るおでんは里芋と牛蒡を入れるのがポイントです。

野菜の出汁で美味しくなる気がするんですよ。

 

4日くらいおでんを食べ続ける日々になりそうです。

これは日本酒と焼酎かな。

 

餅の食べ方

ただいま実家に帰省中です。

妹夫婦も顏を出してくれたので、昨日は非常に賑やかでした。

姪っ子がお餅食べたい!と言いいだしたので、

大丈夫かなとハラハラしました。

 

フォーク使うかな?と思って用意してあげようと席を立とうと思ったら

上手に箸を使って食べていてビックリ。

練習したんだーと妹が言ってました。

小学校に入った時、恥ずかしくないようにしないと!と言ってたんで

なんだかすっかり母親になってるなと改めて実感しました。

 

隣から

ベランダにTシャツが落ちていました。

 

私のものではないため、どうやらお隣さんのもののよう。

こういう場合はどうするべきか?

ピンポンをして手渡し

というのは相手をびびらせてしまいそうです。

 

結局5分ほど悩んで

仕切りの上に掛けておきました。

 

今日見たらTシャツは回収されていました。

よかったよかった。

 

しかしこの

隣人同士いかに接触しないで済むか行動する感じ

現代人っぽいですね。

う~ん。なんだか寂しさを感じてしまいます。

 

 

 

旅行

先日、伊豆に行ってきました。

2人での旅行です。

 

彼女は伊豆に何度か行ったことがあるそうで、

お薦めスポットをいろいろと回ってきました。

 

なかでも楽しかったのがiZOOです!

爬虫類限定の動物園で、

館内は異空間が広がっています。

 

お化け屋敷のようで最初はびくびくしたのですが、

とても楽しめました!

 

温泉にも入って満足です。

料理も美味しかったですし!大事です。料理!

 

とにかく旅行はやっぱりいいですね。

また行きたいです。

 

 

f:id:lifeisrank0101:20171027153207j:plain

 

寝具

寒くなったので、寝具を冬用のものに交換しました。

 

横着で今まで夏用の布団で寝ていたのですが、

さすがにもう限界よろしくです。

 

彼女が僕のかわりに寝具の整理をしてくれました。

申し訳ない…。感謝です。

布団を干したりシーツを干したり、

彼女の指示のもと僕も働きました。

 

ぶーぶー言いましたが、

やはり温かい布団はいいものです。

今後はまめに布団を干したいと思います。

 

その方が断然、気持ちが良いですからね。

おすすめですよ。

 

 

素晴らしい精神

当たり前のことでも、海外からみると景色が違うこともあります。

日本人は素晴らしいと称賛されることで、こんな例があります。

 

災害時、避難している人が炊き出しの列に並んでいるのを見て、

こんな非常事態でも、奪い合いが起こらないとはと。

 

「奪い合うと足りないけれど、譲り合うと余る」。

 

こういう素晴らしい精神は守っていきたいですよね。

 

 

以和為貴 (和を以て貴しと為す)―聖徳太子の信仰と思想

以和為貴 (和を以て貴しと為す)―聖徳太子の信仰と思想

 

 

断り方

お盆休みというこもあって、
色々とお誘いを受けることもあるんですが、

その断り方が面倒だったりします。

 

ただ断るだけでなくて、お誘いのお礼もしつつ、
さらに、他の提案もできたら満点なんですが、

 

なかなか、うまくいかないものです。